歴史散策

↑満濃池今昔 堤防へ

満濃池の沿革 空海(弘法大師) 長谷川喜平次
讃岐の水事情 西嶋八兵衛
赤いレンガの配水塔

松崎 渋右衛門


神野神社




詳しくはクリックを

神 野 神 社

 祭神  天穂日命・嵯峨天皇・別雷神

     罔象女命・大山祗命

 由緒   神野神社は伊予の御村別の子孫が

     讃岐に移り住み、この地を神野と呼

     び、創祀したと言われている。

     式内社讃岐国二十四社に数えられ

     元慶5年従五位下の位階を授かって

     いる。

 






神野寺




詳しくはクリックを

五穀山 神野寺 四国霊場別格17札所

 宗派  真言宗 善通寺派

 本尊  薬師如来坐像

 由来  弘仁12年(821)弘法大師が満濃池の守護

道場として創建したと言われています。